ご存知でしたか?本当の無垢材とは!

  • HOME
  • これまでの施工事例
  • 無垢材の良さとは?
  • 無垢材の取扱には経験と実績が必要!
  • 会社概要

本物の無垢材を選びませんか?

愛知県江南市・一宮市を中心に無垢の家をご提供する「タニハウジング工房」が無垢材についてご説明します。
無垢材に似た合板や集成材もあるので、気をつけなくてはいけません。

無垢材風の素材ではありませんか?

[画像]無垢材風の素材ではありませんか?

自然な木目がついているからといって、すべてが無垢材とは限りません。
なかには、合板や集成材に木目の壁紙を貼っただけの素材を使っていることもあります。
見た目では分かりにくいこともあり、勘違いされているお客様も多くいらっしゃいます。

これらの無垢材風の木材は、見た目は無垢材と似ているのですがまったくの別物。
接着剤、防腐剤が使われているため、シックハウス症候群のリスクも抱えているんです。
当社で扱っているのは本物の無垢材。
「無垢材風の材木」ではありません。

本物の無垢材とはどんな素材?

[画像]本物の無垢材とはどんな素材?

無垢材とは1本の木から、使用する形に切り出した木材。
調湿作用を持っており、湿気が多い日は湿気を吸収し、乾燥している日は水分を排出します。
そのため、水を吸って縮む、水分を排出してふくらむという現象がおこります。

有害物質を含む防腐剤や接着剤を不使用

[画像]有害物質を含む防腐剤や接着剤を不使用

合板や集成材には、有害物質を含む防腐剤や接着剤が使われていることがあります。
住宅建材に含まれるホルムアルデヒドやトルエンは、シックハウス症候群の原因になるとされています。
無垢材は接着剤・防腐剤不使用。
シックハウス症候群の危険性はありません。

ページの先頭へ戻る