無垢の家の耐震性

  • HOME
  • これまでの施工事例
  • 無垢材の良さとは?
  • 無垢材の取扱には経験と実績が必要!
  • 会社概要

無垢の家はどんな工法で建てられているの?

愛知県江南市・一宮市を中心に無垢の家をご提供する「タニハウジング工房」が無垢の家を建てる際の工法についてご説明します。

無垢の家にも使える「カッチン工法」

[画像]無垢の家にも使える「カッチン工法」

「カッチン工法」とは無垢材対応の接合金物を使った工法です。
接合時に「カッチン」と音がすることから名づけられました。
多くの金物工法が接着剤を使った合板にのみ対応しているのに対し、カッチン工法は無垢材にも使用できます。

これは、一般的な工法に使われるドリフトピンによる接合に加え、梁下端受け金物部分など複数のパーツが分担して荷重を受けているためです。
ドリフトピンのみに依存していないので、安定した強度を発揮します。

梁下端受け金物部分が梁材を受け止める

[画像]梁下端受け金物部分が梁材を受け止める

梁下端受け金物部分が梁材の下をしっかりと受け止めます。
ドリフトピンと荷重を分担して支えるので、安定した強度を保てます。

断面欠損を解決

[画像]断面欠損を解決

在来工法だと起こりやすい梁や柱の接合部分の断面欠損を抑えます。
在来工法独自の外見上同一化して見えるという点はそのままなので、見た目にも優れています。

※断面欠損とは、接合の際にあいた穴によって木材そのものの強度が弱くなること

作業効率アップ

[画像]作業効率アップ

材加工・金物取付けを工場で行います。
ドリフトピンの打ち込み、ボトル締めなどの作業がいらないので作業時間が短くすみます。
効率的に家造りをすすめられます。

ページの先頭へ戻る