人にやさしい!無垢の家

  • HOME
  • これまでの施工事例
  • 無垢材の良さとは?
  • 無垢材の取扱には経験と実績が必要!
  • 会社概要

無垢材で健康に暮らせる家を実現

愛知県江南市・一宮市を中心に無垢の家をご提供する「タニハウジング工房」がシックハウス症候群についてご説明します。

シックハウス症候群にご注意

[画像]目、鼻、喉の痛み・頭痛肌疾患(かぶれ、かゆみ、湿疹など)・喘息

シックハウス症候群とは、接着剤や防腐剤などの住宅建材から発生する化学物質が原因で起こる病気。
接着剤や防腐剤に含まれるホルムアルデヒド、トルエンなどにアレルギー反応を示し発生します。
頭痛やめまい、意識の低下などの症状を慢性的にもたらし、日常生活にも支障をきたします。

乳幼児や専業主婦がいるご家庭は危険!
家にいる時間がより長いほど、ホルムアルデヒド、トルエンなどの有害物質を摂取する時間も長くなります。
そのため、学校に入る前のお子様や専業主婦の方はよりかかりやすくなってしまいます。
とくに、小さなお子様は体の抵抗力も弱いので、細心の注意を払わなくてはいけません。

無垢材ならシックハウス症候群の心配不要

[画像]無垢材ならシックハウス症候群の心配不要

合板が複数の木材を貼り合わせているのに対し、無垢材は1本の原木から切り出しています。
接着剤などの住宅建材を使っていないため、有害物質は発生しません。

さらに、無垢材の家には防腐剤も不要。
無垢材は吸湿性に優れており、湿度が高いときは湿気を吸収します。
適切な湿度になるので、湿気により木材が劣化することもありません。

魅力がいっぱいの天然無垢材の新築を提供する工務店タニハウジング工房

天然の木をそのまま切り出して用いる無垢材に対する概念として、合板があります。これはコストを抑えた薄い板を接着剤で張り合わせたもので、様々な弊害がございます。だからこそ、江南市のタニハウジング工房では無垢材にこだわっています。
合板は強度や耐久性が劣るだけでなく、何より化学的な成分である接着剤を多用することに問題があります。ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群と呼ばれるアレルギー症状の原因となる、化学物質が含まれているからです。そのため、安心の新築を手掛ける工務店は、天然無垢材にこだわるのです。
無垢材は天然の木そのものですから、化学的な接着剤は用いません。吸湿性に優れているので防腐剤も要らず、安心で耐久性のある新築が建てられます。家族が気持ちよく暮らせる家を建てる工務店なら、タニハウジング工房で決まりです。

ページの先頭へ戻る